住宅地の木の伐採は夏前に終わらせるのが好ましいです。

庭はきれいな方が誰にも喜ばれます

伐採をしないと起こる被害

木の成長速度が上がる夏を避け、春のうちに伐採を行いましょう。もし伐採しそこねた場合次のような問題が発生します。

電線に引っかかってしまいます。(伐採業者)

初心者が一人で背の高い木を伐採すると、伐採した木が電線に引っかかる可能性があります。そうなってしまうと電線が切断され、最悪の場合付近一帯が停電を起こしてしまう可能性もあります。これは伐採時に倒す方向を間違えたり、予測していた方とは別の方向に木が倒れた時に発生しがちです。この場合、倒れた木の撤去は自分で行うことはできません。

台風によって木が倒れてしまいます。(伐採業者)

一番恐ろしいのが、倒木による家屋の被害です。木は手入れをしていないと枝葉が増えてしまい、風通しが悪くなります。その場合、台風などで激しい風が吹く事で風の影響をモロに受けてしまうため、木が抜けて倒れる可能性が著しく高くなります。そして抜けた気が家に倒れることで家屋に甚大な被害をもたらしてしまいます。そのため、伐採や剪定を行い、風を受け流せるようにしましょう。

そのまま秋になると庭の景観が悪くなります(伐採業者)

伐採を行う庭木は、育ちすぎて剪定作業ではどうにもならない木です。このような木は切るのが少しもったいないですが、切らないと様々なトラブルのもととなります。例えば風で倒れるかもしれませんし、大量の枝葉が日光を遮るので場所によっては洗濯物を干すのに邪魔になることもあります。他にも落ち葉が増えて掃除の手間が増えたり、木にたくさん虫が住み着くことだってあります。

自分の家以外にも被害を及ぼします(伐採業者)

倒木が壊すのは、自分の家だけではありません。近隣の住宅の方に倒れて被害を及ぼすこともあります。そうなった場合、近隣の住人とトラブルに発展する恐れもありますし、大きなトラブルにはならなくとも損害賠償は支払わなければならないでしょう。伐採にかかる費用よりも高くついてしまいます。そうならないためにも、育ちすぎた木は伐採しておきましょう。