草むしりをする前に夏を迎えた場合

庭はきれいな方が誰にも喜ばれます

夏になる手前の草むしりが最適

前述の通り、夏季の強い日差しのもとでの草むしりには大きなリスクがあります。もし草むしりを行うのであれば、必ず夏前に行うようにしましょう。実は夏前の梅雨の時期は草むしりにぴったりなのです。ここでは、そのメリットを紹介しましょう。

夏前に行なったほうが簡単

夏前に行なうメリットは何ですか?
夏前の梅雨のシーズンは、地面が雨水を吸って柔らかくなっていることが多く、草が根っこから抜けやすいのです。草を根こそぎ抜くことで夏になっても雑草が生えなくなります。また、道具を使わなくてもかんたんに抜けるので、手作業だけでも十分、草むしりを行なうことができます。夏に比べて日差しが弱く、熱中症のリスクも少ないのもポイントですね。また草むしりが終わったあとは地面を踏みしめ固くすれば、根が多少残っていても雑草が芽を出しにくくなります。
雨が降ってない場合はどうしたらいいですか?
水をまいてぬかるませるというのが最も手っ取り早い手段です。多少暑くなるシーズンでも地面が濡れていると打ち水と同じ効果が期待できるので、涼しく草むしりをすることができますよ。また、この時期は虫が元気になり始めるシーズンですので、肌を保護する服装で草むしりを行うことを推奨します。

自分で草むしりを行うのであれば夏前、それも梅雨の時期にやるのが好ましいです。しかし、この時期に行うことができなかった場合、個人でやるのはあまりおすすめできません。夏場だと業者に依頼したほうが効率良くかつ安全に行なえます。